株式会社 朝日信託

【お悩みや問題を解決する具体的事例】



  円滑な相続を目的とするオーダーメイド個人信託の事例
  ◎ 浪費家の相続人についての心配
    (事例)
      私の相続人は1人息子だけだが、彼は大変な浪費家で、財産を一時に相続させると短期間で全て使い切ってしまうだろう。どうしたらよいか。
    (信託の活用例)
      朝日信託の“相続後一定期間継続タイプの信託”を設定しておけば、お客様の希望通り、財産をご相続人に一時に与えずに、定期的に一定額を支払うことが可能です。
  ◎ 遺言書に従わない財産の分割の心配
    (事例)
      遺言書を作成し財産の分け方を指示しているが相続人が私の遺言書を無視して勝手な分け方をしないか不安だ。
    (信託の活用例)
      朝日信託の信託には、信託期間が終了した時点で、財産の帰属者を予め定めておき、その内容通りに朝日信託が実行するサービスがあります。
このサービスを活用していただけば、遺言よりも確実にお客様の意思を実現できます。
  ◎ 受益者の連続
    (事例)
      私の財産をまずは妻に、妻が死亡した後は長男にと、順次相続していくようなことを私が決めることは可能か。
    (信託の活用例)
      朝日信託の信託サービスを活用し、そのように信託契約に定めておけば可能です。
どの財産を誰に帰属させるかということに関する手続きの実行も朝日信託が行います。このようなことは遺言ではできません。


信託サービスのご案内

各種のオーダーメイド個人信託    遺言信託    遺産整理業務    財産承継プランニング    成年後見業務    リバースモーゲージ信託    老後の生活    老後のお金    借金清算
入居一時金保全信託

Copyright(C) 2008 Asahi Chuo All Rights Reserved. 株式会社朝日信託    サイトマップ