株式会社 朝日信託

【お悩みや問題を解決する具体的事例】



  財産管理を目的とするオーダーメイド個人信託の事例
  ◎ 遠方にある収益不動産の管理
    (事例)
      私は収益不動産を持っているが、相続が発生した場合、子供達は仕事があるし、遠方で管理ができなくなるので心配だ。
    (信託の活用例)
      朝日信託の“相続開始後も継続するタイプの信託”を設定しておけば、相続が発生した後も、生前と同様に信託を続けることができます。
その場合、相続人の方々は、不動産そのものを相続するのではなく、元本と収益を受け取る権利を相続することになります。
朝日信託が万全の体制で管理を行い、相続人の方々に収益を給付することになりますので、相続人間で不動産の押しつけ合いをするといった遺産相続でよく見られる問題もなくなります。
  ◎ 一族の財産の管理
    (事例)
      私の父が亡くなって、兄弟別々にそれぞれ収益不動産を相続したが、先祖代々一族の財産としてばらばらにならないように守っていきたい。
    (信託の活用例)
      一族の財産を朝日信託にご兄弟全員がまとめて信託していただけば、万全の体制で管理を行い、ご兄弟にはその運用益を定期的にお金でお渡しすることができます。
  ◎ 相続財産の売却の防止
    (事例)
      遺言書で不動産を長男に相続させ、管理するよう定めているが、長男は相続後すぐ手放してしまうかもしれない。
これをやめさせる方法はないか。
    (信託の活用例)
      不動産を朝日信託に信託し、“相続開始後も信託を継続させる”か、もしくは“相続開始後に信託を設定する”ことにしておけば、信託期間中処分されることを防ぐことができます。長男には信託期間中、不動産からあがる収益を、定期的に朝日信託から受け取れるようにしておきます。


信託サービスのご案内

各種のオーダーメイド個人信託    遺言信託    遺産整理業務    財産承継プランニング    成年後見業務    リバースモーゲージ信託    老後の生活    老後のお金    借金清算
入居一時金保全信託

Copyright(C) 2008 Asahi Chuo All Rights Reserved. 株式会社朝日信託    サイトマップ