携帯電話の方はこちらからお入り下さい。TOP
成年後見業務のご案内


お問い合わせ・ 無料ご相談・資料請求はこちら
成年後見のお申し込みはお電話でもお受けしております。
東京 03-3580-3471 大阪 06-6263-2372
横浜 045-227-8611 福岡 092-477-6730
名古屋 052-533-1290 札幌 011-218-6207

任意後見と法定後見の違い

  1. 任意後見
    (1) 契約によって、サポートをしてくれる方、サポートの内容を自由に決めることができるので、ご自分の望むサポートを受けることができます。
    (2) 判断能力が既に衰えてしまっているという場合には、任意後見契約を締結することができず、法定後見を選択せざるを得ないときもあります。
  2. 法定後見
    (1) 判断能力が低下した状態でも利用することができます。
    (2) 成年後見人・保佐人・補助人は、ご本人が不利益な契約を締結しても取消すことができます。
    (3) ただし、ご本人は、選挙権を失い(保佐、補助を除く)、会社の取締役に就けなくなったり、弁護士や医者等の一定の資格に就けなくなったりといった資格制限を受けることもあります。
    (4) 家庭裁判所に対する法定後見開始の申立ての際に、成年後見人等の候補者を立て、成年後見人等候補者がそのまま成年後見人等に選任されることが通常ですが、ご本人の親族の一部に反対等がある場合は、家庭裁判所は、ご本人や法定後見申立人、親族などと全く無関係の、一面識もない弁護士などを成年後見人等に選任します。したがって、ご親族の一部に反対などがある場合、法定後見申立人の思う人に成年後見人等となってもらうことができなくなります。
成年後見業務のご案内トップへ
信託サービスのご案内

各種のオーダーメイド個人信託    遺言信託    遺産整理業務    財産承継プランニング    成年後見業務    リバースモーゲージ信託    入居一時金保全信託

Copyright(C) 2008 Asahi Chuo All Rights Reserved. 株式会社朝日信託    サイトマップ