携帯電話の方はこちらからお入り下さい。TOP
成年後見業務のご案内


お問い合わせ・ 無料ご相談・資料請求はこちら
成年後見のお申し込みはお電話でもお受けしております。
東京 03-3580-3471 大阪 06-6263-2372
横浜 045-227-8611 福岡 092-477-6730
名古屋 052-533-1290 札幌 011-218-6207

任意後見とは


「任意後見」は、判断能力が低下する前に、あらかじめ支援をお願いしたい人との間で契約を締結しておき(「任意後見契約」といいます。)、判断能力の低下後、その人(「任意後見人」といいます。)に契約にしたがったサポートをしてもらう制度です。
この任意後見人は、財産管理や日常生活に関する事務をご本人の代わりに行い(代理する)、ご本人をサポートします。
なお、任意後見人が適切なサポートを行っているかどうかは、家庭裁判所が選任する任意後見監督人が監督します。
< 任意後見の仕組みと流れ >
1 任意後見契約の締結
信頼できる人との間で任意後見契約を締結し、サポートしてもらう内容(「後見事務」といいます。)を定めます。任意後見契約は、公証人役場で公正証書によって締結する必要があります。
2 判断能力の低下
任意後見人候補者(「任意後見受任者」といいます。)や配偶者などは、認知症などによってご本人の判断能力が低下し、任意後見人によるサポートが必要であると判断した場合、家庭裁判所に任意後見監督人の選任を求めます。
3 家庭裁判所に対する任意後見監督人選任の申立て
任意後見は、家庭裁判所によって任意後見監督人が選任されたときにスタートします。この申立ては、申立書や診断書などの必要書類を提出して行う必要があり、必要に応じて判断能力の鑑定が行われます。
4 任意後見の開始
任意後見受任者は、任意後見人となり、任意後見契約に定めた内容にしたがってご本人の代わりに財産管理や、医療契約・施設入所契約の締結などの法律行為を行い、ご本人をサポートします。任意後見監督人は、任意後見人の活動をチェックします。
成年後見業務のご案内トップへ
信託サービスのご案内

各種のオーダーメイド個人信託    遺言信託    遺産整理業務    財産承継プランニング    成年後見業務    リバースモーゲージ信託    入居一時金保全信託

Copyright(C) 2008 Asahi Chuo All Rights Reserved. 株式会社朝日信託    サイトマップ