携帯電話の方はこちらからお入り下さい。TOP

遺産整理業務のご案内



お問い合わせ・ 無料ご相談・資料請求はこちら
遺産整理業務のお申し込みはお電話でもお受けしております。
東京 03-3580-3471 大阪 06-6263-2372
横浜 045-227-8611 福岡 092-477-6730
名古屋 052-533-1290 札幌 011-218-6207

遺産分割協議による遺産の分割

1 遺産分割協議

  遺言がない場合、民法の定める法定相続となり遺産の分割は法定相続人全員の話し合いで決められます。 相続人の中に未成年の子供がいる場合は、家庭裁判所に特別代理人を選任してもらう必要があります。 被相続人のすべての遺産が分割の対象となりますが、すでに生前贈与された財産、遺贈財産なども考慮して協議を行います。 財産の内容や相続人の状況、その他全ての事情を考慮して遺産の分割を協議し、財産の価値に応じて分割することになります。 遺産の分割は法定相続分どおりに分割する必要はなく、法定相続人全員の一致があれば、どのような分割でもかまいません。 しかし遺産分割の協議が調わない場合は家庭裁判所で遺産分割の審判となります。 この場合は家庭裁判所が法定相続分にしたがって分割することになることに留意しておく必要があります。

2 遺産の分割方法

  遺産の分割方法として
  • 遺産の一つひとつを現物のまま各相続人に分割する方法(現物分割)
  • 遺産の全部または一部を金銭にして分割する方法(換価分割)
  • 相続人の1人または数人が財産を取得し、その現物の取得者が他の相続人に対価を支払う方法(代償分割)
  • 各相続人の持分を定めて共有にする方法(共有分割)
などがあります。
分割に際しては、次の検討が必要です。
  • 分割の対象となる財産はどれか
  • 個々の財産の価額はいくらか
  • 考慮する特別受益や寄与分はいくらか
  • 相続する割合はいくらか

3 遺産分割協議書の作成

  遺産分割協議が調えば遺産分割協議書を作成します。 遺産分割協議書には誰が何を相続するかを具体的に記載し、全相続人が署名、押印します。 詳しくは遺産分割協議書書式例をご参照下さい。 遺産分割協議書書式例はこちら
遺産整理業務のご案内トップへ
信託サービスのご案内

各種のオーダーメイド個人信託    遺言信託    遺産整理業務    財産承継プランニング    成年後見業務    リバースモーゲージ信託    老後の生活    老後のお金    借金清算
入居一時金保全信託

Copyright(C) 2008 Asahi Chuo All Rights Reserved. 株式会社朝日信託    サイトマップ